HOME>記事一覧>まずは確認しておきたいことを整理してみよう

購入するべきか

ビルを所有しているオーナーは、少しでも無駄な経費を避けたいところです。無駄な経費を避けるためには、省エネをするのが1番でしょう。この時気にしておきたいのは、どのような省エネが合理的かと言うことです。一般的に言われていることが、自分のビルに当てはまるとは限りません。そのため、事前に省エネの種類を理解しておくことが必要です。省エネをするといっても、完全に省エネの仕組みを購入してしまう場合もあれば、レンタルして利用する場合もあります。

長期的に使う場合は購入した方が良い

例えば、ビルの省エネで代表的なのは水道光熱費の節約です。その中でも比較的注目されているのは、電気代の節約になるでしょう。電気代は、うまく浮かせることができれば毎月数十万円の無駄をなくすことができます。そのためにできる事は、LED等を導入することです。完全に導入する場合は、ビル全体を全てLEDの電球にしなければならないため、初期費用がかなりかかってしまいます。しかし、そのビルを長期的に運営する場合や長期的な展望が見えている場合は思い切って初期費用をかけてLEDにした方が何かと都合が良いでしょう。結果的に、省エネと言う目的を達成するために魅力的なビルになる可能性があります。

広告募集中