HOME>アーカイブ>最低限知っておきたい情報と準備の基礎知識

どのあたりを省いていくか

オフィス

ビルを借りている場合には、省エネを意識した方が良いでしょう。会社の経費などを行くと、意外と水道光熱費等にお金がかかっているケースがあります。これらは、人件費の次に大きなものとなるため、人件費を削ると同時に水道光熱費にもメスを入れて省エネ化させた方が良いです。水道光熱費を少しでも安くする場合には、まずLEDの電球等に変えてみましょう。交換した当時はお金がかかりますが、5年後ないしは10年後には随分と省エネにつながっているでしょう。つまり、長期的な展望が見える場合に限り、LEDの電球に変えるメリットがあります。また、トイレ等は自動で電気がつくような仕組みにしておくと良いかもしれません。

業者選びからスタートしよう

マンション

自分が所有しているビルの省エネに取り組む場合には、業者選びをすることが必要です。あるいは、オーナー所有のビルの場合も 、オーナーがどこの業者を選ぶかによってかかる費用が異なります。もし省エネ業者を選ぶ場合には、十分なアドバイスをくれるところを選ぶ必要があるでしょう。しっかりとしたアドバイスをくれるところは、何かと顧客の役に立つ情報が多いため、結果的により良い結果を出すことができます。これにより、経費削減につながるケースが多いです。

信頼できる業者か

その他

自社ビルの省エネなどに取り組む場合には、信頼できる業者にお願いしましょう。信頼できる業者とは、定期的にメンテナンスをしてくれるところが考えられます。1回設備を投資してその後業者が一切関わりを持たなかったとすれば、また別の業者に依頼して管理してもらわなければいけません。しかしできれば1回施行してもらった業者にお願いをしたほうが何かと安心できるものです。また、個人情報の取り扱いなどもしっかりしているところに任せるのが良いでしょう。

広告募集中